語学力がなければ海外勤務医にはなれません

一般の人が海外留学をするのであれば、
その目的は、英語力を身につけたりなど語学を養うためなのかもしれません。
しかし、医師が海外勤務医となったり留学する目的は、
その地で最新の医療を学んだり、あるいは地域貢献をしたりするためです。
つまり、語学力は持っていて当たり前。
そのような意識がなければ、そもそも海外勤務医として働くことは難しいでしょう。

英語圏の国で働こうと思っているのであれば、英会話能力が求められます。
医師同士のコミュニケーションはもちろん、医師は患者ともコミュニケーションを取らなければならず、
そこで求められる英会話能力は非常に高いものとなるでしょう。

もちろん英語圏以外の国では、その国の言語が扱えることが条件となります。
発展途上国では英語圏でなくても、英語能力が備わっていれば勤務医として働けるケースもありますが、
いずれにしても、英語の語学力は必須と思っておかなければいけません。

ポイントとなるのは、医学用語です。
通常の会話には登場しない専門用語をコミュニケーションの中でいかに駆使できるか、ここも求められることになります。
日本国内で使用されている用語がそのまま通じるとは限らず、
海外勤務医となる医師は、この点でも苦労することになるでしょう。

海外で医師活動をするために必要な語学力とは

海外勤務医となるためには、何かしらの試験を受ける必要が出てきます。
アメリカであれば「USMLE」、イギリスであれば「PLAB」などの試験があり、
そのほかの国にも同様の試験が存在していることは珍しくありません。
〜海外勤務までのプロセス(アメリカ)〜
〜海外勤務までのプロセス(イギリス)〜

一部には一定以上の英語力を備えていなければ受験資格を与えられないものもあるのですが、
その英語力を査定するのに用いられるのが「IELTS」や「OET」などです。
イギリスのPLABではIELTSが必要になり、オーストラリアでもIELTS、あるいはOETで、
一定以上のスコアを有している必要があります。

IELTSは、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つから構成されており、
それぞれが、0から9のスコアで判定されます。
多くの試験や、あるいは試験がなかったとしても、
7以上のスコアがなければ、英語圏で医師として勤務するのは難しいでしょう。

OETは、医師や看護師など医療従事者向けの英語試験で、
AからEの5つの段階で評価されるシステムになっており、
こちらもPLABと同様の4つのスキルで構成されています。
医師として採用してもらう、あるいは試験に合格するためには全てでB以上の判定が必須となるでしょう。

これらのスコアや判定がどの程度のレベルかを詳細に語るのは難しいですし、
人によって感じ方も異なるので比較も困難ですが、
かなりの語学力が必要となることは間違いありません。