医師の技術を広げることができる海外勤務

医師の多くは、日本国内の病院でそのキャリアのスタートを切り、
そして、ある程度の経験を積めば転職などを繰り返しながら自分に合った病院やクリニック、あるいは企業などと出会っていくことになります。

その中で転科をし、本当にやりがいを感じることができる分野と出会う人もいるでしょう。
もちろん、転職などせずに、そのまま大学病院などで出世していきキャリアを形成する医師もいるはずです。

あまり数も割合も多くはありませんが、医師には海外へと飛び出すという選択肢も用意されています。
海外勤務を選択すれば、日本では到底携わることができない現場での診療を経験することができます。
日本よりも医療への取り組みが進んでいる国へと転職・転勤することで学べることは非常に多く、そして濃密なものとなるでしょう。
さらなる知識とスキル、そして経験値を手に入れることができる、これが海外勤務の大きなメリットです。
〜アメリカで勤務するまでのプロセスを見る〜

また、逆に医療がまだ発展途上にある国や地域にある病院や診療所で働くことで、その国や地域に貢献することができます。
これも医師としてのキャリアはもちろん、
医師の持つ意義、価値といったものを考えた時には大きなメリットであり、
有意義なものとなるのではないでしょうか。

日本に帰国した後も、その経験は大いに生かされるはず。
少なくとも海外勤務の経験のない医師と比べれば経験値も高く、
あらゆる場で重宝され、その後のキャリアにもプラスとなることは間違いありません。

海外での勤務だからこそのデメリットも

海外勤務を目指す医師にまず立ちはだかる問題が、医師募集との出会いです。
海外の医療機関の医師募集の求人が全くないわけではありません。
探せばそれなりの数と出会うことはできますが、
しかし、それが必ずしも自分に合ったものだとは限らないでしょう。

日本国内の医師募集の案件数と比べれば、そこには大きな差があり、
また、勤め始めた後に自分に合っていないと感じたとしても、すぐに帰国することは困難です。
そうしたリスクがある点は、海外を目指した時の一つのデメリットとなり得ます。

また、国によっては満足な収入が得られないというデメリットもあるでしょう。
アメリカなどの医療先進国であれば日本よりも収入も高く待遇も良いケースが多いです。
一方で、医療後進国の国を選択すれば、日本の医療機関で働くのと同様の収入を得るのが難しくなるケースが多々出てきます。

さらに設備に関しても、それが整っておらず、より医師としてのスキルが試される場面が多く出てくるかもしれません。
これは見方を変えれば経験値を上げられる絶好の機会と捉えることもできますが、
強い意志のみで、中途半端なスキルしかないままに国外へと出ると、
思ったような活躍ができないことも出てくるでしょう。

海外勤務に関するQ&A

アメリカにおける医師の年収事情はどのくらいですか?
内科・外科を合わせた平均的な年収は2300万円程度と言われています。

アメリカにおける医師の待遇は、日本の医師のおよそ2〜3倍と言われています。
特に循環器外科や整形外科といった外科分野の一部の医師の年収は6000万円以上にもなるようです。
これは、アメリカの医療技術の高さもさることながら、医療保険に入っていない人の数が日本よりも圧倒的に多いというのも影響しているようです。
もちろん内科分野の技術水準も非常に高いため、ご自身の医療スキルを活かして海外で活躍して大金を得るのも、または最先端の医療技術を肌で学ぶという目的にも、アメリカは一つの候補として最適でしょう。

渡航先の国を選ぶ際に注意することはありますか?
国によって外国人医師の働き方が異なる点に注意しましょう。

海外勤務をする場合、基本的にどの国であっても日本の医師免許だけで働くことはできません。
アメリカであればUSMLE、イギリスならPLABなど、その国独自の認定試験をパスする必要があります。
ただし、フランスやドイツなど、そもそも外国人医師をほとんど受け入れていない国も中にはあるので、
渡航先の国を選ぶ際は、これらの点について事前に調査することが大切です。

海外で働くなら英語は必須

支援制度のある医療機関を選ぶ