海外留学する医師を支援する病院への転職

医師として働いている人が、海外で最新の医療を学びたいと考えるのはとても自然なことでしょう。
こうした考えから、留学をし、海外勤務医として一定の期間を過ごすという目標を立てる医師も少なくないはずです。
〜海外勤務のメリットについて〜

実際にそのような希望や目標を抱いた場合、どうすればいいのか、それにはいくつかの方法がありますが、
すぐに各国の規定により定められた資格試験を受けることができない、医師登録することができない、
しかし、そうした試験や登録制度のある医療先進国に行きたいと考えているのであれば、
海外へ渡る医師に対して支援をしている病院へと一度転職し、
そこから海外勤務医となるプロセスを踏むのが確実なのかもしれません。

一度雇用した医師を海外へと派遣し、そのための支援をしてくれる病院があります。
医師はこうした病院を経由して海外勤務医となることで多くの経験を経て、医師としてのレベルアップを図ることができる一方で、
病院側は、そうした医師が再び日本に戻ってきたのち、その経験を診療に活かしてくれれば、非常に大きな戦力を獲得したことになります。
だからこそ、医師が海外へ行くことを支援する病院が存在しているのです。

もちろん、すべての病院がこうした支援制度を取り入れているわけではなく、数は非常に限定的です。
また、すべての診療科目において支援されているわけでもないので、
このあたりも事前のチェックが必要となってくるでしょう。

海外留学するまでに越えるべきハードルとは

内科や総合診療科、整形外科、循環器科、神経内科などを専門とする医師の募集をかけている病院が多く見られます。
こうした分野で活躍している医師、あるいは、こうした分野で活躍することを念頭に入れている医師であれば、そうした病院に応募してみる価値があるでしょう。

ただ、募集しているからといって、すべての医師を受け入れいてるわけでもありません。
そこには必ず審査があり、それをクリアしなければ転職すらできませんし、
当然、留学して海外勤務医となることもできないのです。

超えなければならないハードルには、例えば語学力があります。
支援を実施している病院ではアメリカへ派遣するところが大半なため、必要になるのは英語力となるでしょう。
〜海外勤務に必要な語学スキル〜

また、実際に海外へと渡る前には、転勤先の病院で数年間勤務することが一般的です。
帰国後もその病院での一定期間の勤務が義務付けられていることが多いので、
このあたりはしっかりとチェックしながら応募するようにしてください。

採用人数は数名となっている病院が多いですから、書類対策のみならず、面接対策も必須となるでしょう。
病院の代表として海外へ渡るという意味合いもあるため、病院側としてもいい加減な医師を送り込むことはできません

こうしたハードルを超えてこそ叶う、海外への留学。
積極的に応募するべきですが、準備を怠らないことも意識しながら物事を進めていく必要があります。