アメリカで医師として働くための道とは

医師が海外で働くことを考えた時、多くの方はアメリカを候補に挙げるのではないでしょうか。
医療後進国で現地の人たちの役に立ちたいと考える医師もいるでしょう。

しかし、その前に自分の腕を存分に試し、磨き、最新の医療現場に触れながら、
十分な診療スキルを身につけるのが先決だと考える医師が大半のはずです。

海外勤務医の中でも憧れる人の多いアメリカという地で医師として勤務するには、いくつかの方法が考えられます。
もっとも多くの医師が選択する一番オーソドックスな形は、研修医として渡米すること。
いわゆるレジデントと呼ばれる立場で、アメリカ国内では専門医になるために必要な期間と位置付けられています。

他にも、研究留学という形で渡米する医師もいるでしょう。
しかしこれは、臨床留学とは異なるため、
いわゆる海外勤務医として働きたい医師は該当しない渡米の仕方となります。

また、フェローシップと呼ばれる、ある分野に特化した研修制度があり、
これも渡米する形としては考えられるプロセスとなりそうです。
ただ、このフェローシップはレジデントの後に待ち構えている専門研修のため、
やはり研修医という形で渡米し海外勤務医となるのが一般的でしょう。

レジデントとして渡米するために必要なもの

アメリカの医療機関で就職するためのプログラムをまとめているサイトがあり、
そこで自らの希望、例えば診療分野や医療機関のあるエリアなどを選択し、
マッチしたプログラムに応募することから全ては始まります。

このプログラムの応募に必要なものに、「USMLE」があります。
USMLEは米国医師免許試験と呼ばれるもので、
アメリカで医師として働くためにはこの試験を受け合格していなければいけません。
すでに日本の医師免許を取得している医師であっても、この試験を受ける必要があります。

また、USMLEのスコアやビザ、医学部を卒業してどの程度経過しているかなどの情報も、
プログラムのマッチングには必要となります。
プログラムに応募すると、こうした情報を元に選考が行われ、
もし可能性があると認められれば面談へと進むことができます。

さらに、日本で医師として働いている場合には、上司などからの推薦状も求められるでしょう。
日本人医師だけではなく、米国人医師の推薦状も必要となるため、
その環境が整っていない医師は米軍の病院などで働いた上で、
この米国人医師の推薦状を獲得するというプロセスが必要になってくるでしょう。